見てびっくり!見積書!!

2021年10月21日

壱百壱拾八萬弐千参百四拾六 円也。

 

・・・

 

つまり、いくらですか??

 

 

と、思わず突っ込んでしまった、

不動産業界1年生の長沼です(汗)

 

 

こんなにわかりにくい表記なのは、

『不正を防ぐため』

とのことでした。

 

 

例えば、

漢数字の『一』を使用した場合、

上下に手書きで、ぼうせん(ー)を加えると、

あーら不思議、

『三』に大変身!

 

あっという間に、

全然違う見積り書の出来上がり♪

 

(*´▽`*)

 

いやいや、ダメでしょう…(^_^;)

 

123・・・や、

一二三・・・のみを使用すると、表記の変更が簡単にできてしまう・・・

(もちろん、してはいけません。)

 

そうした不正を防ぐために、

今現在でも、こうした表記は使用されているとのことでした。

 

 

改めて、

日本語って深いなと感じたと同時に、

どうもこの表記とは仲良くなれそうにないと感じた一場面でした。

 

(言えない・・この中に読めない漢字があるなんて言えない・・・)

 

 

 

 

見積